人が、つなぐ、ビジネスマッチングサイト

販路拡大などを新たな販売先の開拓や連携に向けての単なるネット上の紹介あっせんに留まらず、
当会指導員がビジネスコーディネーター(外部コンサルタントや企業OB)の方々の支援を得ながら、
企業・製品 についての情報提供や市場評価、製品評価などについて継続的な支援を行いつつ、
マーケティング戦略の立案・実行のフォローを実施します。

専門家を探す

バーチャル展示会情報

>>もっと見る

伊達 万祥(だて かずよし)

肩書 GSDコンサルティング代表
住所 和歌山県橋本市高野口町名倉614
TEL 080-3812-0855 FAX 0736-43-2003
HP http://gsd-ny.com/

最終更新日:2015年6月23日

略歴

1983年 和歌山県橋本市生まれ
1999年 智辯学園中等部卒
2002年 智辯学園高等部卒
2006年 (株)アグレックスにて金融機関のシステム運用・開発に7年間従事
〜13年 その間、貸金業法対応や基幹システム更改に携わる。
2013年 同社退職後、ニューヨークへ単身渡米。GSD.Incを設立し、代表取締役に就任。
〜15年 日系企向けの米国での販路開拓・PR事業、新規事業開発を担当。
2015年 日本へ帰国。GSDコンサルティングを設立し、代表へ就任。現在に至る。

資格

中小企業診断士
MOVE認定コーチ

自己PR

大学卒業後、IT企業で働いていました。

環境や上司・同僚にも恵まれ、何も不自由なく生活していました。
そんな中東日本大震災が発生し、その影響で祖父の代より経営していた父親の会社が経営難に陥りました。

何もできない自分に無力感を感じっていた際、「経営に関する知識を習得したい。」という想いから中小企業診断士の資格を取得しました。しかし、自分の中に欠けている”ナニカ”を日々感じていました。

29歳で当時勤めていた会社を退職し、単身渡米しました。
渡米した一番の理由は今までの人生を振り返り、異国の地で自分自身を見つめ直す時間が欲しかったからです。

ニューヨークでの生活は私の価値観を大きく変えてくれました。

英語も話せない、人脈もない中で沢山の方に助けられながら、現地の広告代理店で働き、自分の会社も立ち上げることができました。結局、自分の会社は凍結状態にして帰国することになったのですが、人との繋がりの大切さ、温かさを異国の地で教わりました。

帰国を前に「自分はこれから日本で何をしたいのだろうか?」と自分自身に問い続けました。そして、日本へ帰国し、中小企業向けの経営コンサルティング業として開業しました。

インターネットによって国の垣根がなくなり、企業競争のグローバル化は進み続けています。

今後は中小企業の経営者にもますます高い経営力が求められます。

経営者と従業員の方たちを支援し企業成長を促すことで、
微力ではありますが、日本社会の維持・発展に貢献したいと考えています。

GSDコンサルティング代表

伊達万祥